FC2ブログ


とあるとき、とあるところ、とある星に

Category: 落書き  



とある王国があった。

 
作物の実りはよく、戦もなく、心優しい王が治めていた。
 
王には、1人の姫がいた。
 
姫は年頃になると、1人の青年と恋に落ちた。
 
青年は平民だったが、王は2人を祝福した。
 
国中が彼らを祝福した。
 
しかし、婚姻の日に悲劇が起きた。
 
大臣の1人が、謀反を起こして姫を幽閉したのだ。
 
姫を取り戻そうとした青年は、大臣に返り討ちにあって死んでしまった。
 
姫を手に入れた大臣は、姫の力を欲した。
 
それは巨大な力で、使い方によっては星を滅ぼすこともできてしまう力だった。
 
愛する人と引き裂かれた姫は、悲しむばかりで大臣の言葉が耳に入っていなかった。
 
怒った大臣は、手に入らないのならばいっそなくしてしまえと姫の胸を刺した。
 
そのときに姫があげた悲鳴が、膨大なエネルギーを伴って爆発し、星の全てを砕いた。
 
姫はたった1人生き残ってしまった。
 
姫は自分がしてしまったことの恐怖に泣いた。
 
その時どこからともなく声がした。
 
『お前の罪は重い。その罰として、お前はこの銀河の中で一つの場所にとどまり続けることはできず、永久にさすらう旅をするのだ。けれどお前の愛する人の魂を見つけられたら、その時お前の罪を許そう。』
 
その日から姫は、銀河を彷徨う歌姫となった。

 
 
関連記事

Comments

03  « 2021_04 »  05

sun m tu w th f s
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

文月 礼楽

Author:文月 礼楽
ようこそいらっしゃいませ。
ここはとあるおもちゃ工場の片隅にある工房。
管理人文月 礼楽が様々なコンテンツを製造中です。
妄想と空想が原動力となっていますので、閲覧にはご注意ください。

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
581位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
89位
アクセスランキングを見る>>
お留守番達






fxwill.com
Live Moon ブログパーツ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
QRコード
QR