FC2ブログ


永遠片思い

Category: 短編集  



きっとこの思いは永遠に叶わない。

伝えることも、

伝わることもなく、

過ぎ行く時の中に埋もれてしまうことだろう。

それでも彼を求めるのは、

彼を愛おしいと思うのは、

罪ですか?

 

 

昼には彼の夢が叶うことを願い、

夜には彼と同じ夢を見ることを祈る。

永遠片思いの私には、彼の存在は遠すぎる。
 


溢れる思いは歌声に乗せて解き放ち、

叶わぬ悲しみは涙に変えて消し去ろう。
永遠片思いの私には、彼の存在は大きすぎる。

 

 

それでもあなたのことを信じさせてください。
もしもあなたが心の痛みを知っているのなら、そっと包んでください。

私はとっても弱いから。
 


強くなろうとは思いません。
ただ、あなたの笑顔が曇るようなことがないことを祈りたい。

 

 

伝わらないと知っていて恋をした。

叶わないと分かっているくせに恋焦がれた。
愚かと人は言うかもしれないけれど、これが私の愛の形。

 

 

この月をあなたもどこかで眺めているのでしょうか?
あなたは今、何を思っているの?
あなたを照らす月の光に想いを託す。

 

消えない痛みは小さな傷となり、刺となる。
年月が経てば経つほどそれは深くなり、鋭くなる。


 

切ないくらいに残酷に美しく儚い歌声は、
時と空間を越え、遥か彼方へと魂を連れ去る。
悲しみを押し殺した狂おしい程の微笑は、
時と存在を止め、永遠の彫像へと変わりゆく。

彼の心はいったい誰を見ているの?

 

想えば想う程2人の距離は離れていく。
恋い焦がれた私がいけないのだろうか?
貴方を想う心が勇気をくれるのに。


 

普遍的なものを求めてはいけないのだろうか?
目まぐるしく動く世界は残酷に私を突き放す。
終わりなく繰り返す歌は誰のもの?


 

破いたノートの切れ端に、思いついた言葉を並べた。
退屈な時間を迎える度に、世界の憂鬱を眺めていた。
流されていく思い出が、音もなく沈んでいく。

 

望んでいるのは、愛を得ること。

恐れているのは、愛を失うこと。


 

人の心を簡単に手に入れようとするな。

人の心を簡単に捨てるな。


 

壊れやすい精神が音を立てて地に落ちていく。


 
 
関連記事

Comments

03  « 2021_04 »  05

sun m tu w th f s
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

文月 礼楽

Author:文月 礼楽
ようこそいらっしゃいませ。
ここはとあるおもちゃ工場の片隅にある工房。
管理人文月 礼楽が様々なコンテンツを製造中です。
妄想と空想が原動力となっていますので、閲覧にはご注意ください。

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
570位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
89位
アクセスランキングを見る>>
お留守番達






fxwill.com
Live Moon ブログパーツ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
QRコード
QR