月に照らされた君

Category: 短編集  




ある月の綺麗な夜のことでした。
カトウはとても美しい歌声を聞きました。
「誰が歌っているんだろう?」
カトウは不思議に思いました。
するとどこからともなく8分音符の形をした雲が表れ、カトウを乗せて飛び始めました。
カトウは歌声のする方へと進みました。

しばらくすると、カトウは友達のカノウを見つけました。
「おーい。」
カトウに気がついたカノウはびっくりしました。
カトウは今までのことをカノウに話してあげました。
「ぼくも一緒に行きたいな。」
すると4分音符の形をした雲がカノウを乗せて飛び始めました。
カトウとカノウは歌声のする方へと進みました。

カトウとカノウはしばらくすると、友達のケンイチを見つけました。
「おーい。」
「おーい。」
カトウとカノウが空を飛んでいるのを見たケンイチはとてもびっくりしました。
カトウとカノウは今までのことをケンイチに話してあげました。
「ぼくも一緒に行けるかな?」
ケンイチが言い終わると同時に16音符の形をした雲が表れ、ケンイチを乗せて飛び始めました。
カトウとカノウとケンイチは歌声のする方へと進みました。

カトウとカノウとケンイチはしばらくすると友達のヨースケを見つけました。
「おーい。」
「おーい。」
「おーい。」
高いところが苦手なヨースケはびっくりしました。
カトウとカノウとケンイチは今までのことをヨースケに話してあげました。
「ぼくは怖いから行かない。」
ヨースケが言い終わる前に8分音符が2つつながった形の雲が表れ、ヨースケを乗せて飛び始めました。
カトウとカノウとケンイチとヨースケは歌声のする方へと進みました。

カトウとカノウとケンイチとヨースケはしばらくすると友達のオックンを見つけました。
「おーい。」
「おーい。」
「おーい。」
「助けてー!!」
空を見るのが大好きなオックンは皆をとってもうらやましく思いました。
カトウとカノウとケンイチとヨースケは今までのことをオックンに話してあげました。
「ぼくも行けるといいな。」オックンが言い終わる前にヨースケを乗せた雲がオックンをもう一方の方に乗せて飛び始めました。
カトウとカノウとケンイチとヨースケとオックンは歌声のする方へと進みました。

カトウとカノウとケンイチとヨースケとオックンはピンクのフワフワした雲よりも高い所へと進みました。
歌声はこのピンクの雲の向こうから聞こえていました。
雲の向こうには月がありました。
月には誰かが座っていました。
カトウとカノウとケンイチとヨースケとオックンはその人が歌声の主だとわかりました。
「君達は誰?どうしてここにいるの?」
月に座ってた人が5人に気がついて尋ねてきました。
「ぼくはカトウ。」
「ぼくはカノウ。」
「ぼくはケンイチ。」
「ぼくはヨースケ。」
「ぼくはオックン。」
5人は1人づつ名前で答え、今までのことを話してあげました。

「君は誰?どうしてここにいるの?」
今度は5人が尋ねました。
「ぼくはレオ。友達を探しているんだ。」
レオは悲しそうな顔で答えました。
5人はどうすればいいかすぐにわかりました。
「ぼくと友達になってくれる?」
「もちろん!!」
レオはとっても嬉しくなりました。
カトウとカノウとケンイチとヨースケとオックンも嬉しくなりました。
それから6人はいつも一緒でした。
遊ぶ時も
歌う時も
辛い時も
楽しい時も
いつもいつも一緒でした。


呼ぶ声

Category: 短編集  




何だか頭が重い。
何か大事なことを僕は忘れている気がする。
でも……、それがなんだか分からないんだ。

真っ白な世界の中を僕は漂っていた。

「何故こんなところにいる?」
ふとした声に辺りを見て、僕は息を飲んだ。

美しい金色の瞳が僕を映していた。
黒髪が白いドレスの上に広がり、その後ろから光る翼が見えた。

それは、じっと僕の目を見つめて言った。
「お前……。大事なものを無くしたね。」

その言葉が妙に心に引っ掛かった。
一瞬僕の脳裏を何かが横切った。
「お前、自分が何者か覚えているか?」
その問いに、僕はようやく不安の元が分かった。


名前が思い出せないんだ。


僕の目の前で、それは悲しげな表情をした。
「自分が何者か思い出せなければ永久にここを彷徨うぞ。」
その瞬間、僕の脳裏に一つの場面がよぎった。

『…に命を預ける。』
『…と組む。』
『…と音楽する。』
誰かが僕に向かって誓ってた。
1人じゃなくて3・4人くらいいた。
「どうやらお前には命を預けた仲間がいるみたいだね。」
目の前の彼女は、期待に満ちた目で僕を見つめた。
どうして今のことが分かったんだろう?

「私の目は時を超えて過去も未来も見れるのさ。」
彼女は僕の心を読んでいるように話した。
「お前にはまだ仲間がいるね。」
また脳裏を何かが横切った。
『…には仲間になって欲しい。』
『…なら認めるぜ。』
『さっすが…。』

さっきとは違う声がした。

ふと、唇から自然と旋律が零れ落ちた。

♪~~~~~~~~~~~♪
旋律と一緒に記憶の欠片が繋がり始める。
ああそうだ…。
僕は…。


俺は……。


「あっ。起きた。」
聞き慣れた声に意識が覚醒する。
「びっくりしたよ。急に倒れたから。」
視界に安心した表情の皆の顔が入る。
「もう、大丈夫だから。」
俺は起き上がって、皆の顔を確かめるように見つめた。

俺に命を預けてくれて、
俺を必要としてくれて、
俺を仲間と認めてくれてる。
それが今は良くわかった。
それにしても、あの真っ白な世界とあの女は誰だったんだろう。
女神を思わせるあの姿が脳裏からずっと消えなかった。


レオ様のためなら死ねる (元曲:きみのためなら死ねる 天国と地獄)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

ヨタヨタにしてあげる (元曲:ミクミクにしてあげる)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

レオレオにしてあげる (元曲:ミクミクにしてあげる)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

月面着陸が難しい (元曲:エアーマンが倒せない)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

ワールドイズマイン(洋輔Ver)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

ワールドイズマイン(礼央Ver)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

組曲 RAG FAIR  (元歌:組曲ニコニコ動画)

Category: 扉の向こう  
この記事はブロとものみ閲覧できます
ブロとも申請

作家さん自己紹介

Category: 雑記  



このブログを通して出会う人のために。

自己紹介お願いします(*´v`*)答えたくない質問はスルーしてね♪

◎自分のこと
◇HN:文月 礼楽(ふみつき れいがく)
◇性別:女子ですよ
◇誕生日:夏の始まりの頃
◇年齢:とりあえず酒は飲める年齢
◇職業,所属:日本音楽療法学会認定音楽療法士(補)/FC RAGFAIR
◇血液型:A型
◇性格を一言で:熱しやすく冷めやすい
◇生息地域:神奈川県
◇趣味:妄想・空想・想像(笑)
◇特技:どこでも寝れる
◇口癖:「~かな?」

◎好きなもの
◆動物:ネコ
◆花:桜
◆天気:雨
◆映画:ロード・オブ・ザ・リング
◆小説:ゴシック・デュラララ!!
◆漫画:黒執事・デュラララ!!・本屋の森のあかり
◆場所:ヴィレッジヴァンガード
◆季節:春
◆好きなタイプ:土屋 礼央w

◇夜行性?:そりゃもうw
◇深海と宇宙ならどっちがロマンある?:宇宙
◇運命信じる?:うっすらと
◇大切なひと、いる?:いますよ~❤
◇初恋覚えてる?:黒歴史だ。
◇未だに泣きたくなる想い出ある?:いっぱいある
◇思い出すだけで幸せな気分になる想い出ある?:彼氏といっぱいな

◆好きな小説のジャンル:ファンタジー
◆好きな小説家:トールキン
◆一番好きな小説:指輪物語
◆小説書くとき工夫してること:五感をリアルに表現する
◆ノート派?直接打ち込み派?:ノートに下書きしてから打ち込む
◆どうして小説書こうと思ったの?:書きたいから
◆手放せない物は?:ニコ動・MP3プレーヤー
◆どんなジャンル中心で書いてる?:オリジナル
◆自分の書く話、どう思う?:まだまだっすね
◆自分の書く話、好き?:可もなく不可もなく
◆小説とケータイ小説の違いについてどう思う?:手元で読み返しやすいのが小説、一過性に終わりがちなのがケータイ小説

◇理想の生き方:玉の輿
◇理想の死にかた:寿命をまっとうして安楽死
◇何歳まで生きたい?:100は超えたいな
◇人間って何のために生きてるのかな。:誰かを笑顔にするため
◇宇宙の外には何があるんだろう。:夢

◆他に自己主張したい方は好きに項目を付け足して、どうぞ。

言いたいことは言いつくした気がする。


◆最後に一言

こんな僻地にようこそいらっしゃいました。

できればごゆっくりとお過ごしください。

おしまい。
------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=28544
------------------


02  « 2010_03 »  04

sun m tu w th f s
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

文月 礼楽

Author:文月 礼楽
ようこそいらっしゃいませ。
ここはとあるおもちゃ工場の片隅にある工房。
管理人文月 礼楽が様々なコンテンツを製造中です。
妄想と空想が原動力となっていますので、閲覧にはご注意ください。

月別アーカイブ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
小説・文学
1364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
247位
アクセスランキングを見る>>
お留守番達






fxwill.com
Live Moon ブログパーツ
月と星と妖精ダストのブログパーツ ver2
QRコード
QR